人気ブログランキング |

会津のサクラ 石部桜 @福島県会津若松市

会津若松城(鶴ヶ城)からハイカラさん(バス)で飯盛山まで移動して、バス停からは徒歩で移動しました。
 田んぼの真ん中に、大きな桜が咲いています。同じ目的の為に歩いている人が沢山いたので、迷わずに到着することができました(なんてね。2度目だったので、伴走者がいなくても行けましたが、何かと心強いものです)。
 実際に、石部桜を見ていると何だか不思議な事に気が付きました。最初の写真でお分かりのとおり、幹が複数あります。根が一緒ってことが考えられますが、タケノコじゃないのだから・・・。なんだこれ?

f0048546_23422229.jpg

昭和43年9月18日指定
市指定天然記念物 石部桜
  会津若松市一箕町大字八幡字石部
 樹齢約600年と推定されるエドヒガンで、樹高11m、枝張19m、胸高周囲0.5mから2.2mの十本の幹から成る。
 当時、この付近は領主葦名家の重臣石部氏の屋敷で、その庭にあったとの伝承から「石部桜」と名づけられた。
 江戸時代から名木として知られており、花が満開の時期には、藩主をはじめ多くの人が訪れた。
 また、五代藩主松平容頌は、桜を保護するために周囲に柵をめぐらせており、その様子が幕末に描かれた城下絵図に描かれている。
  平成25年2月 会津若松市教育委員会

トラックバックURL : https://geiei.exblog.jp/tb/30574605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2019-05-03 05:21
桜きるばか、都内の桜は無惨に伐り刈られているのが多いのですが、やはりこうやって見守ってやれば遥か後代の我々も往時を偲ばせてくれますね。
Commented by yuu-chang0521 at 2019-05-03 20:45
こんばんは。

江戸時代からの銘木なんて、すごいですね。
Commented by geiei at 2019-05-11 23:24
saheizi-inokoriさん、こんばんは。
 安全の為に切るならまだしも、道路拡張の為など人の都合で桜の大木を切るなんて
信じられないです。
Commented by geiei at 2019-05-11 23:30
yuu-changさん、こんばんは。
 お年寄りを大切にする地域ですので、「意地でも残す」
って心意気なのでしょう!
by geiei | 2019-05-03 04:00 | 自然 | Trackback | Comments(4)

福島県石川町中野(〒963-7837)を中心に周辺地域の情報を紹介致します。


by 鯨影