人気ブログランキング |

年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで

ガーラ湯沢駅から徒歩10分程度のところに「山の湯」さんがあります。
 まだ、午前中ではありますが、温泉に入りたくなったので、入っちゃいました。ちなみに、ガーラ湯沢駅から越後湯沢駅の周辺には沢山の日帰り温泉を楽しめる場所があるのですが、例えば、ガーラ湯沢駅の構内には「SPAガーラの湯」さん(1,300円)、越後湯沢駅の構内にも「ぽんしゅ館酒風呂」さん(800円)があるのですが、山の湯さんは日帰り専用温泉の為、400円と安いので選択させて頂きました。

年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで_f0048546_6365946.jpg

山の湯
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930
TEL:0257-84-2246


湯沢温泉(山の湯)の歴史
「山の湯」の源泉(湯元温泉)は、今からおよそ八百年ほど前に、越後新発田の高橋半六という旅人が湯沢で病になり、薬草を探して山に入り、偶然発見したといわれています。今でも当時と同じように山中より湧き出す源泉に、一切の加水・加温をすることなく使われています。
江戸時代、徳川幕府によって三国街道が整備され、参勤交代が始まると、温泉のある宿場として、多くの旅人や湯治客で賑わいました。江戸時代に雪国の暮らしや風俗を紹介して、大ベストセラーとなった鈴木牧之著「北越雪譜」の中でも、ここの温泉が湯治場として紹介されています。明治維新の北越戦争を越後長岡藩の家老として戦った河井継之助を主人公とした、司馬遼太郎著「峠」の中でも、
江戸に旅する途中、ここの湯に河井継之助が入るが場面が書かれています。
大正時代にスキーが湯沢に紹介され、昭和六年に上越線が全線開通すると、本格的なスキー・温泉地として多くの観光客が訪れるようになりました。
ノーベル文学賞を受賞した川端康成が湯沢を訪れて、小説「雪国」を執筆し始めたのもこのころです。「山の湯」に来る途中の「湯坂」やかつては「湯坂」側に正面玄関があった「高半旅館」も小説「雪国」に登場します。
「湯坂」を登りきったところに、「山の湯」の源泉(湯元温泉)の守り神として、ともに歴史を刻んできた「湯本薬師堂」が祭られ、長い湯沢温泉(湯元温泉)の歴史を感じることができます。
平成20年7月NPO法人ゆ

年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで_f0048546_6403159.jpg


山の湯さんから越後湯沢駅までは徒歩で移動しました。この時は、スキー場の雪は殆どありませんでした。
年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで_f0048546_64114.jpg


年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで_f0048546_6422834.jpg

越後湯沢駅のホームから見る山々の上部は、雪でした。
年賀状用の写真2日目 山の湯から越後湯沢駅まで_f0048546_6424095.jpg

トラックバックURL : https://geiei.exblog.jp/tb/10213182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from くちこみブログ集(国内旅.. at 2009-02-11 09:34
タイトル : くちこみブログ集(国内旅行): 越後湯沢温泉 by Go..
「越後湯沢温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。... more
Commented by kamoshiday at 2009-01-26 09:21
湯気で曇った浴室を見ると、無性に温泉へ行きたくなりますね。
雪見のできる温泉にでも、のんびり入りたいものです。
Commented by rainbowdream700 at 2009-01-26 13:28
こういう山の雪にあこがれますね。樹氷になってますか。こういうのを一度見てみたいですね。
Commented by sirokri-118 at 2009-01-26 15:19
温泉に入りたくなりましたwwww

う~~~、さぶっ!!
Commented by geiei at 2009-01-26 20:32
kamoshidayさん、こんばんは。
 この温泉は露天風呂がないので直接的に、雪景色が見れませんが、この近辺の他の温泉では沢山あるんだと思います。
Commented by geiei at 2009-01-26 20:34
虹夢'700さん、こんばんは。
 樹氷と言えば蔵王ですね。マイナス10度以下の世界ですから、命がけです。
Commented by geiei at 2009-01-26 20:35
しろこりさん、こんばんは。
 寒いときの温泉は、最高ですよね。うー、また行きたくなってきました。
by geiei | 2009-01-26 06:43 | 温泉 | Trackback(1) | Comments(6)

福島県石川町中野(〒963-7837)を中心に周辺地域の情報を紹介致します。


by 鯨影